2012年7月2日 修養会 於浜松クリスチャンセンター

ついに待ちに待ったこの日がやって来ました!6月30日、7月1日二日間にわたり、教会では折々メッセージをお願いしているマーシュ先生の教会、「浜松クリスチャンセンター」で合同修養会をしました。教会のメンバーは、30日朝、4台の車に分乗し、途中、新東名高速の快適な走り心地を楽しみながら、一路浜松を目指しました。
沼津SA
着いた当日30日は、関根弘興牧師のメッセージ、二つの教会の代表8人の方々の証を聴くことが出来、信仰の励ましを受けました。浜松クリスチャンセンターの子供達がとても素直で、明るく元気な様子には感動しました。翌日1日9:30からの祈祷会では、互いの教会の為に、日本のリバイバルの為に、個人的ニードの為にグループで祈り合いました。10:30からの合同礼拝ではマーシュ先生・川島先生のメッセージを聴きました。神様の愛を伝える為、神様の力を受けて、私達が更に強められますように。
イザヤ書6:8「ここに、私がおります。私を遣わしてください。」
最後は全員で大きな輪となり、祈りました。
浜松クリスチャンセンター
マーシュ師・川島師
特別賛美 加賀清孝さん・永島陽子さん
美味しかった昼食タコスライス
浜松クリスチャンセンターのマーシュ先生・川島先生はじめ、教会の方々は本当に、真心から親切に、優しく迎えてくださり、充実した二日間を過ごす事が出来ました。素晴らしい礼拝、浜松クリスチャンセンターの方々がかけて下さった愛に満ちた言葉、笑顔、出して下さったお食事やお菓子、飲み物、私達はすべてこころから楽しみました。二つの教会が同じ神様に在って一つとなり、共に祈り、礼拝出来た事は、神様の大きな大きなプレゼントでした。皆様!最高の時間を有り難うございました。去りがたい思いを胸に、めぐみの雨の中、また高速を通って、私達は無事に帰途に就きました。